防犯性の高いオートロック物件

築年数が新しいと標準でついてくる

サービスには標準装備とオプションで追加料金を払ってつけるものがあります。新しいサービスなどはオプションになるケースが多く、なかなか利用できないときもあります。でも利用者が多くなったりグレードが上ると、オプションではなく標準でつくようになります。賃貸物件では、かつてはオートロックはありませんでした。誰でも物件内に自由に出入りできるので、玄関前まで知らない人が入ってこれるようになっていました。物件選びの時に防犯性が高い物件がいいとオートロック物件を探すときがあります。すると結構ヒットしてくれます。築年数が新しいタイプだと既に対応してくれています。少し古い物件になるとついていないので、新しめの物件にするとよいかもしれません。

必ずしも防犯性が高いとは限らない

女性の一人暮らしなどで賃貸物件を利用するとき、できるだけ防犯性を考慮した物件を選ぶ方がいいでしょう。その時にはオートロックかどうかは大きなポイントになります。各居室に入るときだけでなく、建物に入るために住人しか使えない鍵が必要になります。つまりは共用部分にも見知らぬ人が入れない仕組みになっています。ただ、オートロックだからと言って、見知らぬ人が全く入れないとも限りません。駐輪場から入れるようになっているところもありますし、他の住人の直後に入られるケースもあります。最も気をつけたいのは入り口以外の廊下などから入れるケースです。簡単に飛び越えられるようになっているところもあるので、内見をするときにチェックしておきましょう。