高齢者も安心のバリアフリー物件

設備についていろいろな角度から確認することが大切!

部屋と部屋との段差をなくす、トイレや浴室に手すりを付けるなど、住宅のバリアフリー対策が進んでいます。賃貸住宅のなかにも、このような配慮をする傾向が増えてきたのが嬉しいですよね。部屋の扉を開き戸ではなく、引き戸にするだけで出入りがしやすくなります。また、滑らない床や段差スロープ、高さ調節ができるキッチンなども喜ばれています。
ただし、どのような設備があると便利なのかは一概にはいえません。病気や障がいが同じでも、具体的な症状や不便さは個々によって異なるからです。たとえば、手すりが設置されていても、位置や高さが合うかどうかは大変微妙です。また、集合住宅の2階以上を選ぶときは、エレベーターの有無が大きな鍵を握ります。このような理由から、賃貸契約に際しては、どのような設備があるのかいろいろな角度から確認することが大切です。

バリアフリー物件は高齢者だけではなく家族みんなの課題!

バリアフリー物件には高齢者向け住宅とのイメージが少なくありません。加齢とともに身体機能が衰えるため、室内の移動に不自由な思いをすることも出てきます。実際、わずか数センチの段差を越えるのも大変です。集合住宅の1階は比較的暮らしやすいと考えられますが、玄関に段差があると移動に困ることもあるのです。そんなとき、スロープの利用ができると嬉しいですよね。
このような配慮は、高齢者だけではなく家族みんなにとっても有り難い存在です。たとえば、スロープが設置されていると、車椅子だけでなくベビーカーを使うときにも役立ちます。
快適な住まいの実現にはデザインも大事ですが、それ以上に機能面を重視する必要があります。また、そのようなニーズに対応できる住まいが求められる時代です。住む人の気持ちに寄り添い、快適な生活を演出できるバリアフリー物件の需要は、今後ますます増えていくでしょう。

気候や風土によくマッチした物件を、道内ではよく見かけます。その中でも釧路の賃貸はその代表で、大雪に対応できる仕様となっています。